読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きみのユメ僕のユメ/100万貯金までの道のり

破産して生活再建を図る100万円貯金までの道のりを書きます

我が家の状況と今までの経緯

f:id:liveagain0:20160429154436j:plain

 

まず、このブログ管理人のみなみと言います。年齢は四捨五入して40歳となる3人の子持ちのママです。

 

中部地方で、海がある県で、決して都会ではなく田舎と言われる地区に住んでいます。

 

住まいの県の物価状況はあまりいい方向へ向いているとは言えないと思っています。

 

しかし、先日知ったのは住んでいる市のふるさと納税の金額が全国◯位となっているのにはびっくりしましたけどね。

 

今から10年くらい前になりますが、主人の年収が200万円以下ということ。ベースアップは一切見込めずで、世帯年収を増やすならば自分が働くことで補うということになっておりました。

 

そこで、私が2008年くらいにほそぼそとやっていた事業とパート収入で年間100万〜200万を補いつつやりつつなんとか生活をしてきました。

 

しかし、今から数年前のことでした。ある企業さんとのコラボ事業が持ち上がり、売上は以前の10倍となったことで法人化したほうがよいのではないか?というアドバイスをしていただき、節税対策ということで法人成りで会社を立ち上げました。

 

ところが、2年くらい前にいきなりのコラボ事業がストップ。3ヶ月後には再開の意志を伝えられたものの、かかっていた経費は一気に減らすことはできない状態となり、キャッシュがいきなり回らなくなるという窮地がやってきました。

 

まず、借り入れは怖いということで、一時的に自分の手持ちの資金を会社に入れていきます。しかし、生活もあるため、そうたくさんの資金投入はできません。

 

そこで、やむなく一時的な借り入れを起こし、経費を最小限に抑えてという会社の資金繰りに悩む日々が始まります。

 

そんな形で、翌年にはコラボ事業に関してのMTGや準備などもはじまり、これならばなんとかなるな〜と思っていた矢先、コラボ事業は一旦保留という意志を伝えられます。

 

コラボ事業がいつ再開するかという部分は私にとっては非常に大きな部分となっておりましたが、その部分に頼っていたのではいけないということで、自分でもしっかりとやってきたつもりです。

 

でも、資金的にキツイ状況が長くなると、どうしても冷静な判断はできなくなるものです。

 

そんな形で国金、消費者金融などから資金を借りました。

 

最終的に980万まで借金が膨らむことになりました。最終的な売上は月30万くらいでした…毎月の返済は、会社30万、個人15万でした。会社からの給料は1年以上止まったままとなっていたことで、主人の手持ちの資産を売却したり、生保を解約して充当してきました。

 

手持ちの資金がそこをついたということで、来月から返済ができないということで、弁護士に相談をして、破産手続きが始まりました。

 

世帯年収800万あったけれど、一気に世帯年収300万未満に逆戻りとなりました。

 

そんな形で今は生活再編が一番の課題でもあります。

 

でも、この生活再編をブログに残すことで、自分に対しての戒めともなると思い、出来る限り赤裸々に書き残していこうと思いました。